« 党首討論 | メイン | 第三次小泉改造内閣が発足 »

航空機の安全運航について

10月17日、羽田空港で航空機の管制に使う無線施設が強い電波干渉により使用不能になり、航空機の発着に大きな乱れが出るという事態が発生しました。航空機の安全運行にも大きな影響を及ぼす事態であったことから、私もすぐに空港を所管する国土交通省と電波を所管する総務省を呼び、対応をただしました。
原因は米軍横須賀基地の艦船が使用していた電波が干渉したという説が有力ですが、電波の発信源を正確に突き止められていないことから、米軍に対する政府の対応は及び腰になっています。私が強く申し入れたのは、今回の事象は航空機の安全運航すなわち国民の生命を危険にさらす重大なものであるという認識を持つべきこと、相手が米軍であろうとなかろうと、毅然として調査・再発防止について申し入れをすべきだということです。
聞くところによると、航空関係者の間では、羽田近辺ではたびたび米軍による電波干渉があり注意が必要であるということが暗黙の了解となっていたようです。こういった事態を放置してきたこと自体、航空当局の怠慢と言わざるを得ません。航空機の安全運航、定時運航を守るためにも、この機会に米軍ときちんと話をつけることが求められています。私も引き続き行政の監視にしっかり取り組んで参ります。