« 耐震強度偽装問題の証人喚問 | メイン | 一年を振り返って »

国土交通委員会が開催

21日、耐震強度偽装問題に関し、先週の証人喚問以降初の国土交通委員会が開かれました。委員会では、ヒューザー小嶋社長の証人喚問、また今回の問題に関わりのある自民党政治家らの参考人招致をめぐって与野党間で対立が生じています。与党側は、疑惑の構図が政治家や官僚に及ぶことを恐れて更なる証人喚問や参考人招致には及び腰になっています。
22日には、テレビ朝日のお昼の番組(ワイドスクランブル)に出演し、与党が証人喚問に消極的であることの背景や、今後究明すべき点等について大和田獏さんらと話しました。
被害者の救済、全容の解明等を迅速に進めるためには、捜査の進展や司法による解決を待つだけではなく、国会議員が国政調査権を行使して真相を握る関係者から少しでも多くの情報を得る事が必要です。巨大与党の壁を突き崩すべく、引き続き全力でこの問題に取り組んでいきます。