« 財務金融委員会 | メイン | 宅地造成等規正法 »

踏切道改良促進法

昨日の国土交通委員会で「踏切道改良促進法」に関する審議がありました。私も民主党を代表して1時間弱にわたって北側国土交通大臣と議論をさせて頂きました。「開かずの踏切」と言われるような、交通を遮断し経済・社会活動に大きな影響を与えている問題の多い踏切をなくしていくための施策や、踏切内の歩道が狭い箇所の改良などについて重点的に話をしました。北側大臣も問題意識を共有し、前向きな答弁をしておりましたが、財政上の問題、関係者間の利害調整の問題など、改良を阻害する要因も残っており、国と地方、鉄道事業者などが危機感を持って進めていく必要があります。
地元でも貝塚、二色浜、樽井などで踏切の立体交差化や構造改良がこの法律の指定を受けており、その他にも事業化のために調整を進めている踏切があります。踏切道の改良は、暮らしの安全・安心に直結することでもありますので、私もこれを機に、これまで以上に積極的に取り組んでいく決意です。

国土交通委員会質問(踏切)060308 006d.JPG 国土交通委員会質問(踏切)060308 022e.JPG
質疑の模様はこちらでご覧になることができます。