« WBC日本優勝 | メイン | 国土交通委員会視察 »

デザイナー小篠綾子さんの死を悼む

26日、小篠綾子さんが亡くなられたという訃報が届きました。小篠さんには、出会って以来子供のように可愛がって頂きましたので、私もいま深い悲しみの中にあります。
小篠綾子さんの名前は、世界的なデザイナーである「コシノ三姉妹」の母として、また日本のファッションデザイナーの草分け的な存在として知られ、そのバイタリティー溢れる生き様は、多くのテレビ番組や雑誌等にも取り上げられてきましたので、ご存知の方が多いかと思います。
小篠綾子さんと私はあるご縁があって、私が衆議院選挙に立候補する準備をしていた折に初めてお会いしました。当時既に80代後半でいらっしゃいましたが、大変お元気な様子で、私が衆議院選挙に立候補する決意をお伝えすると「あなたのような若くて志のある方が、日本の未来を考えてくれることが何よりもうれしい。ずっと見守っているからね。」と私の後援会の名誉会長を快く引き受けて下さいました。以来私は小篠さんのことを「お母ちゃん」と呼ばせて頂き、公私にわたって相談に乗って頂いたり、励まして頂いたりというお付き合いをしてきました。
お元気な小篠さんに最後にお目にかかったのは、今年1月の私のパーティの時でした。政治活動の最初の一歩から私を見守ってくれた小篠さんが亡くなられてしまったことは本当に悲しいことですが、小篠さんに折に触れご指導頂いたひと言ひと言を決して忘れることなく、これからも政治活動に励んで参ります。「お母ちゃん、安らかにお眠り下さい。」