« 財務金融委員会視察 | メイン | 衆議院千葉7区補欠選挙 »

住生活基本法

本日の国土交通委員会で住生活基本法に関して質問しました。この法案については、4月11日の本会議で代表質問をしていたのですが、本会議の場は一方通行の質疑であるのに対し、委員会での質疑は一問一答方式ですので、論点を絞ってじっくり質問しました。
一つは住生活基本法に掲げる理念の問題、すなわち「量から質へ」の政策転換に関して、もう一つは住生活基本計画の策定と運用に関してです。
住生活基本法はその名の通り基本法であり、これからの住宅政策の方向性を左右する重要な法律ですが、その分法律の記述は具体性を欠いた、理念的なものになりがちです。それだけに、国会での質疑を通じて、今回の法律で私たちの生活がどう変わっていく可能性があるのかを具体的に明らかにしていくことが必要であり、引き続きしっかりと議論を重ねて行きたいと思います。

国土交通委員会質問(住生活基本法)060421 025a.JPG
質疑の模様はこちらでご覧になることができます。