« 衆議院千葉7区補欠選挙 | メイン | 証券取引法改正 »

会社法施行

本日会社法が施行となりました。内容は大変幅広く、ひと言ではなかなか言い表せないのですが、端的に言えば、資本金ゼロでも会社設立が可能になるなど、会社運営の自由度を高めたということが大きな特徴です。
日本経済の現状を見ると、大企業は景気回復の果実を得つつありますが、中小企業を中心に依然として厳しい状況に置かれている会社は少なくありません。本日の会社法の施行は、法律を知り、学び、活用する企業にとっては競争力を強化する有力な手段となる可能性がある一方で、旧態依然の経営を続けているといつの間にか競合相手との差を開けられてしまうという可能性もあります。
特に中小企業の皆さんに関しては、なかなか十分な情報を収集・分析する余裕はない場合もありますので、所管官庁・自治体・業界団体などを通じて、しっかりと法律の内容を周知すると同時に、経営に関するアドバイスをしていく必要があると考えています。
法律は、作ることと同じくらいに運用の仕方が大切です。それによって、目的が正しい法律でも、国民を不幸にしてしまうことがあり得ます。これからの法律の運用をしっかりと見守っていきたいと思います。