« 近木太鼓入魂式 | メイン | 奈良の放火殺人事件に思う »

FIFAワールドカップ

18日、150日間にわたる第164回国会が閉幕しました。今国会は会期の延長がなく、終盤に提出された教育基本法や国民投票法などの重要法案は秋の臨時国会に先送りされました。小泉政権最後の国会が中途半端な形で終わったことはやや拍子抜けの感がありますが、よりよい法案を作ることができるよう、この夏にしっかりと準備をしておきたいと思います。
さて、いま世間は、FIFAワールドカップの話題一色といった感じです。日本チームは既に2戦を終えていますが、ご承知の通り残念ながらまだ1勝をあげることができないでいます。私は子供の頃はもっぱらの野球少年でしたが、ワールドカップは、時間の許す限りテレビの前で応援しています。23日の対ブラジル戦は大変厳しい状況の中での戦いとなりますが、最後の1分まで全力でゴールに向かう選手の姿を期待したいと思います。プロフェッショナルの世界ですから勝ち負けはもちろん大切だと思いますが、全力で戦う姿からたくさんの勇気をみんなに与えて欲しいと思います。
最後まであきらめずに「がんばれ日本!」