« 国政報告会 | メイン | 王監督入院に思う »

ゼロ金利解除

日本銀行が本日の政策委員会・金融政策決定会合において、いわゆる「ゼロ金利」の解除の決定をしました。経済の常識から考えれば、ゼロ金利と量的緩和という政策は極めて異常であり、日本経済が深刻なデフレに陥る危機に瀕していたことによる緊急避難的政策であったと言えます。その点からは、ゼロ金利政策の終わりは、日本経済の正常化と本格的な成長へ向けた一歩だと評価することができると思います。
ただし、今後の金融政策にはこれまで以上に細やかな神経を使う必要があり、日銀への信頼がなくては、市場の無用の動揺や混乱を招きかねません。福井総裁は、ご自身の利殖問題に関して、しっかりと自ら判断し身を処すべき時期に来ていると思います。