« ゼロ金利解除 | メイン | 豪雨災害 »

王監督入院に思う

6日、ソフトバンクの王監督が胃の腫瘍の除去手術の為、入院したと報じられました。王監督は、今春のワールド・ベースボール・クラシックで監督として日本代表を優勝に導き、私たち国民に感動を与えてくれたのは記憶に新しいところです。私も少年時代はリトルリーグに所属し、野球に打ち込んでいました。思えばその当時、王監督は子供達の憧れの選手であり、野球選手は子供達にとって将来なりたい職業のNO.1でした。現在はサッカー人気にも押され、プロ野球界は、球場の観客数やテレビの視聴率等でみても分かるように残念ながら低落傾向が続いています。野球好きの私としては、かつての活気を野球界に取り戻し、子供達に夢や希望を与えるべく、王監督には一日も早く元気になって復帰して貰いたいと願っています。