« イスラエル・レバノン情勢 | メイン | 終戦記念日 »

長野県知事選

6日、長野知事選の投開票が行われ、村井仁前衆議院議員が田中康夫知事を破り当選しました。田中知事は2期6年にわたり長野県知事を務め、その主張の明快さ、パフォーマンスのうまさで多くの人をひきつけてきました。その一方、県議会や県庁職員との対立が続き、目に見える県政改革の成果を選挙でアピールすることができなかったようです。
知事という地位は、大きな権限が伴うが故に、それに見合う成果を必ず問われます。理念や理想は大切ですが、それだけでは県民満足を向上させることはできないのです。私も日々の活動の中で、大阪府民の望むこと、大阪府政のあり方についてしっかりと考えていきたいと思います。