« 北朝鮮の地下核実験 | メイン | 党首討論 »

安保理決議

北朝鮮による核実験実施の発表に対し、国連安全保障理事会は14日午後、制裁決議を全会一致で採択しました。各国の利害がぶつかり合う国連安保理の場で、中ロ両国を含めた北朝鮮制裁の枠組みが確立されたことは、一定の評価をしてよいと思います。
今後は特に日本近海での船舶検査にあたって「周辺事態法」を適用するか否かといった個別の議論が進められることになるでしょう。本来は、現実の危機に直面する前に、このような場合に取り得る対応の選択肢について検討しておくべきだと考えますが、これからの議論が冷静かつ迅速に進められるよう強く望みたいと思います。