« 防衛庁の省昇格 | メイン | 災害対策特別委員会視察 »

国土交通委員会

5日の国土交通委員会で、冬柴国土交通大臣の就任以来、初めての論戦に臨みました。今回は一般質疑ということで、私が議員になって以来ライフワークとしているわが国の航空戦略について質しました。
私は、石原元大臣、北側前大臣の期間を通じて、関西国際空港の整備と活用の問題や、その他の空港も含めたわが国の空港戦略について様々な提案をしてきましたが、国会の場だけでなく、官僚とも常日頃から議論を積み重ねてきましたので、関空連絡橋の防風壁の設置など、いくつかの提案については実現しつつあり、大変喜ばしいことだと思っています。
一方で、空港整備特別会計という空港間のどんぶり勘定の仕組みなど、十分な透明性が確保されていない面も依然として残されており、これからも政府の航空政策をよりよい方向に導いていきたいと考えています。昨日も国会質疑の後、議員会館であらためて国土交通省高官とじっくり膝を交えて議論をしました。予算の陳情ばかりでなく、正論で政策を動かしていくことこそ政治家の大切な役割だと考えています。

国土交通委員会061205a.JPG 国土交通委員会061205b.JPG
質疑の模様はこちらでご覧になることができます。