« 新春の集い | メイン | 通常国会開会 »

そのまんま東氏が宮崎県知事に当選

21日行われた宮崎県知事選で、そのまんま東氏(東国原氏)が当選しました。立候補した当初は、泡沫候補扱いだった東国原氏が大差で圧勝したことに、与野党を問わず、大きな衝撃が走っています。
今回の選挙については、談合事件の余波や保守分裂など、様々な分析をすることが可能だと思いますが、既存の政党が推す候補より、手腕は未知数であるがしがらみのない候補を宮崎県民が選んだという事実は動かしがたいものがあります。地方自治は、地域の人々が力を合わせて作っていくものですから、宮崎県民の皆さんには、東国原氏を応援すると同時に、彼の政治姿勢がぶれないようしっかり監視して、宮崎県の改革を実現して頂きたいと思います。
これから4月の統一自治体選挙まで、いくつかの地方選が続きますが、今回の宮崎の選挙を見て、民主党もまた反省するべき点、学ぶべき点が少なくなかったと思います。政治家は、政治のプロとして、有権者に信頼される存在でなければなりません。私もそのことをあらためて肝に銘じて、政治活動を続けて参ります。