« そのまんま東氏が宮崎県知事に当選 | メイン | 代表質問 »

通常国会開会

いよいよ通常国会が始まりました。6月23日まで、150日の会期が予定されています。
今日の本会議で、安倍総理の施政方針演説が行われました。このところ不祥事続きの安倍内閣でしたので、総理自身が危機感を持ち、リーダーシップを発揮して施政方針を練り上げるのではないかという観測もありましたが、結果としては官僚主導がにじみ出る演説でした。
まず、全体の構成が省庁のタテ割り、部局のタテ割り丸出しで、安倍総理が国民に伝えたいメッセージがまったくぼやけていました。憲法や教育といった安倍総理お得意のテーマについても、自身の言葉でほとんど語られていなかったと感じます。更に気になったのは、横文字、カタカナ言葉の多用です。「イノベーション」「チャレンジ」などはまだ許せるとしても、「ICT」「カントリー・アイデンティティ」などは、わざわざ外来語を使う必要があるのかという気がします。政府・与党の政策形成の根っこが、米国からの要望にあることが如実に表れているのではないかと思います。
来週からは衆参両院での代表質問、予算委員会と国会での論戦が本格化します。安倍政権が日本をどのような方向に導こうとしているのか、信任に足る内閣なのか、国民の皆さんにわかりやすく届く議論を展開したいと考えています。