« 代表質問 | メイン | 6か国協議 »

予算委員会

昨日から国会が正常化し、野党も出席して衆議院の予算委員会が開かれました。柳沢厚生労働大臣の発言が今回の混乱の原因であったことは事実で、ご本人はもちろんのこと、安倍総理にも真摯に反省していただきたいと思っています。
柳沢大臣の発言の真意、心の奥底にある価値観などについて正確に推し測ることはできませんが、大切なことは言葉尻だけを捉えて個人攻撃することではなく、柳沢大臣の厚生労働大臣としての理念と政策が整合性を持っているのかをしっかりと検証していくことではないかと思っています。更に、日本の政治家や官僚の中から、人間の人生観・価値観を国家に都合の良いようにコントロールしていこうというあさましい考え方を一掃していく努力が必要なのだと思います。国民は国家のために存在し、生きるものではなく、ひとりひとりが自分なりの幸福を追求する権利を持った存在です。
国会審議を通じて、安倍内閣が本質的に抱える問題をわかり易く国民の皆さんに提示していきたいと考えています。