« エリツィン前大統領の死去 | メイン | ジェットコースター事故 »

高校野球の特待生問題

このところ、高校野球部員の特待生問題がマスコミに大きく取り上げられています。高野連が全国で調査を開始したこともあり、特待生制度の存在を理由に、大会出場を辞退する高校が次々と現れています。
私は、現行の野球憲章に抵触する特待生制度を取っている学校があれば、当事者である学校やその関係者が何らかの責任を取るべきであることは否定しませんが、球児にその最も重い責任を押し付けるような現在の流れには違和感を覚えます。もともと今回の問題が広がり始めた発端は、ドラフトにおける裏金問題ですが、そちらの方の責任追及はおざなりで、弱い立場の球児に責任を押し付ける構図になっているような気がしてならないのです。
私は、スポーツに関する特待生制度の存在を必ずしも悪とは思いませんし、才能のある若者に学びながら能力を伸ばす機会を与えることはむしろ価値あることだと考えています。問題なのは、才能ある若者たちを食い物にして、ルールを無視して金儲けをしようとする大人の側にあるのであり、その点にメスを入れない限り、日本のプロ野球の再生はないのではないかと感じます。
かつて高校球児として、青春時代懸命に白球を追った身として、球界の方々にはしっかりと襟を正して、才能ある若者が夢を追うことのできる制度改正をして頂きたいと切望します。