« 米国の対北朝鮮政策 | メイン | 通常国会閉会 »

久間防衛大臣の発言

久間防衛大臣の発言が物議を醸しています。報道によれば、米国の原爆投下に関し、「長崎に落とされ悲惨な目にあったが、あれで戦争が終ったんだという頭の整理でしょうがないなと思っている」と述べたと言うことです。
私は報道を聞いた時、政治家としての理想を持たない、まさに「政治屋」の発言だと感じました。我が国が世界で唯一の被爆国として、多くの人々が核廃絶に向けて永年にわたり努力してきたことを知りながら、大臣たる人間が「しょうがない」という一言ですべてを無にしてしまう乱暴な物言いは、まさに現状を追認し、権力をもてあそぶ政治屋の所業だと言わざるを得ません。
久間防衛大臣は、これまでもイラク戦争や米軍普天間基地の移設問題で、問題発言を繰り返してきました。米国と外交問題になった経緯もあります。度重なる不適切な言動は、大臣としての適格性が無いものと判断すべきでしょう。
私は、被爆国日本に生れ育った政治家として、核廃絶への熱意を失うことがあってはならないと考えています。長く苦しい道のりだからこそ、すべての政治家があきらめず、粘り強く行動し、世界に訴えかけ続けなければならないのだと思います。
日本は安倍内閣のままでよいのか、皆さんが判断すべき時が近づいています。