« 参議院選挙公示 | メイン | いよいよ審判の時 »

新潟県中越沖地震

16日午前、新潟県中越沖を震源とする地震があり、新潟県、長野県を中心に大きな被害を出しました。被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

今回の地震では、柏崎刈羽原発で火災が発生し、放射能漏れが認められるなど、従来想定していなかった被害が発生しました。一歩間違えれば、大きな二次災害に至ってもおかしくない状況であっただけに、原因の究明と再発防止に向けた取り組みが急がれます。
原子力発電所の安全性については、従来から問題点を指摘する声がありました。人間が考え、作るものである以上、100%の安全はあり得ないわけで、常に想定外のことが起こるリスクを認識しながら、何重もの安全対策を講じることが重要です。この際、電力会社も監督官庁も、自らの知見や技術を過信して十分な安全対策を講じていなかったことを認めて、一から安全対策を構築し直す必要があるのではないかと思います。

安定的なエネルギーの供給は、日本経済全体にとっても、私たち一人ひとりの生活にとっても、大変重要な要素です。原子力発電がエネルギー供給において一定の割合を占めていることは否定できない事実であり、だからこそ万全の安全対策を講じなければ、私たちの生活の基盤そのものを揺るがす事態につながりかねないわけです。
この機に、全国の原子力発電所について、地震対策だけでなく、テロなどを含めた危機管理対応について、総チェックすることを強く求めたいと思います。