« 福田内閣発足 | メイン | 小中学生のうつ »

所信表明

昨日の福田総理就任後初の所信表明演説には、大変失望しました。国民の皆さんにも、どこに総理の所信があるのか、ほとんどメッセージとして伝わらなかったのではないでしょうか。
野党との対話を訴える内容も盛り込まれていましたが、総理として、政府としてどこに問題意識を持ち、何をどうしたいのか、という強い思いがあってこそ、野党との実のある話し合いが成立するのであって、それを示さないままに話し合いを求めるのは、まさに「馴れ合い、談合」というそしりを免れないと思います。
仕切り直しの臨時国会はまだ始まったばかりです。民主党も参議院第一党である以上、福田政権への批判だけでなく、国民の皆さんに約束した政策を具体的な法律や予算の裏付けをもってお示ししていくことが求められつつあります。この臨時国会では、国民の皆さんの期待に応えるような建設的な論戦をしていく所存です。