« 守屋前防衛次官の証人喚問 | メイン | 小沢代表の続投について »

緊急地震速報

昨日の国土交通委員会で気象業法改正案が審議され、私も質問に立ちました。今回の法改正の目玉は、「緊急地震速報」が気象庁の業務として正式に法定されたことです。
緊急地震速報は、既に10月1日から一般運用が開始されていますが、簡単に言うと、地震の初期の弱い揺れを感知して、大きな揺れが来る前にテレビやラジオ等で警報を流すというものです。気をつけなければならないのは、この仕組みは地震が起こってから警報を出すものですので、震源に近いところなどでは警報が間に合わないケースも少なくありません。大きな地震の前には必ず警報が出ると安心することはできないわけです。
仮に警報が出た場合にも、大きな揺れが来るまでは数秒〜数十秒しか猶予がありません。日頃から警報が出た時の行動について心構えをしておくことが大切です。学校にいたら教師の指示に従い机の下などに隠れる、家の外ではブロック塀など倒れたり落ちたりするものから離れる、電車やバスに乗っていたら手すりなどにしっかりつかまる、人が大勢いる施設では慌てて出口に走り出さない、自動車運転中は慌ててブレーキをかけずハザードランプを点灯し揺れを感じたらゆっくり停止するなど、それぞれの場所に応じて適切とされる行動があります。
今のところ10月1日の運用開始以降、警報事例はありませんが、確率的にはいつ初めての警報が出てもおかしくないと言われています。皆さんも今一度、緊急地震速報が出た時、大きな地震が起きた時、どのような行動をとればよいのか、頭の中だけでなく体を動かして確認してみることをお勧めします。

質疑の模様はこちらでご覧になることができます。