« 会期再延長 | メイン | 薬害肝炎訴訟 »

大阪府知事選に熊谷教授出馬

すでに報道等でご存知の方も多いかもしれませんが、1月27日投開票の大阪府知事選に、大阪大学大学院の熊谷貞俊教授が民主党推薦で立候補することが決まりました。これで、自民党が擁立する橋下弁護士、共産党が推薦する梅田弁護士との三つ巴の戦いの構図がほぼ定まったと言えるでしょう。
私は、太田府知事が出馬断念を表明して以来、知名度頼みや与野党相乗りといった「政治の世界の内向きの論理」で候補者を選んではいけないということを主張してきました。今回、高い見識を持った候補を立てることができ、府民の皆さんに選択肢をきちんと提供することができたことは、本当によかったと思います。
まだ、すべての候補が具体的な政策を提示しているわけではありませんので、府民の皆さんもだれに投票すべきか考えあぐねる面があると思います。これからの選挙戦を通じて、皆さんには、政策、リーダーとしての品格、組織を運営する能力など、様々な視点で候補者を冷静に評価して頂き、必ず投票所に足を運んで頂きたいと思っています。
大阪の未来を決めるのは府民の皆さん自身であり、その選択の結果はすべて皆さんに返ってくるのですから。