« 大阪府知事選に熊谷教授出馬 | メイン | 勇気をもって新しい一歩を踏み出す一年に »

薬害肝炎訴訟

23日、福田総理が薬害肝炎訴訟について「政治決断」をしたと報じられました。しかしながら、私は記者会見を見て、政治決断とはほど遠いその内容に失望しました。それまでかたくなに国の責任を回避し、厚生労働官僚の言うなりになってきた態度からは一歩前進とは言えるでしょうが、実態としては自分が決断できないものを「議員立法」に委ねて解決しようというやり方であり、一般の感覚でいえばまったく無責任のそしりを免れない解決策ではないかと思います。
議員立法ということになれば、私たち民主党も含めて、より広範な意見集約を図る必要があり、残された臨時国会の会期中に法案を処理していくことは容易ではありません。「総理の政治決断」が求められていた理由は、国の責任を認め、迅速に救済策を練り上げるという作業自体、トップの強いリーダーシップなしには実現できないことだからに他なりません。
ことここに至っては、福田総理の「無責任な決断」によって、患者の皆さんの苦悩がこれ以上深まることのないよう、私も全力を尽くすほかありません。