« 薬害肝炎訴訟 | メイン | 原油先物100ドル突破 »

勇気をもって新しい一歩を踏み出す一年に

新年明けましておめでとうございます。
いつにも増して、身の引き締まる思いで新しい年を迎えています。

昨年は、わが国にとって決していい年だったと振り返ることのできない一年ではなかったかと思います。「偽」という一字に象徴されるように、私たちの生活を取り巻く多くのものへの信頼を脅かす事件が数多く起こりました。
政治の世界でも、年金問題をはじめとして、多くの方々が被害にみまわれ、その危機的状況が認識されているにもかかわらず、政府の誠意ある対応がみられないという事象が少なからずありました。国民の政府への信頼は、まさに地に堕ちているといっても過言ではないでしょう。
これだけの失政があり、政府への不信が高まっていれば、政権を交代して異なる政党に国家経営を任せてみよう、というのが民主主義の常道と言えます。しかし、残念ながら民主党への信頼と支持は、まだまだその域に達しているとは言えない状況です。

今年は、日本にとっても、民主党にとっても、そして私自身にとっても、大きな変革の年になるでしょう。年内に解散総選挙があることは必至の情勢ですし、その結果として政権構造に大きな変化がもたらされる可能性が高いと考えられるからです。
政権を変えることは、私たち国民にとって大変な勇気を必要とすることです。これまで当たり前と思っていた仕組みが、そうではなくなることも出てくるでしょう。起こる変化のすべてが自分自身にとって心地よいものであるとは限らないかもしれません。
しかしながら、今のままでは、世界の中で日本は極東の衰退国家として埋没してしまう運命にあります。そしてそれは私たちや子供たち孫たちの生活が、今よりもつらく、苦しいものになってしまうことを意味しています。

私は皆さんに、勇気をもって私に想いを賭けて欲しいのです。
皆さんに託されたその想いを胸に、私は泉州と日本を変える戦いに全力を尽くします。
今年は勝負の年、どうかこれまで以上のご支援をよろしくお願い申し上げます。