« 五輪マラソン代表決定 | メイン | 福田内閣の迷走 »

本会議反対討論

本日の衆議院本会議で、道路財源法案が可決されました。この法案は、ガソリン税などを道路整備に全額充当することなどを定めるもので、ガソリンの暫定税率や道路特定財源制度の維持と密接な関連を持つものです。
私はこの法案に対し、民主党を代表して本会議での反対討論を行いました。政府の提出した道路の中期計画のずさんさや、国土交通省関連の公益法人の天下りや無駄遣いの問題など、この法案に潜む数々の問題点を指摘しました。残念ながら、衆議院では可決されてしまいましたが、野党が多数を占める参議院の今後の審議では、さらに厳しい追及を期待することができます。暫定税率の廃止、道路特定財源の一般化に向けて、徹底した議論を求めていきたいと思います。

20080313 123917HP.JPG

討論の模様はこちらでご覧になることができます。