« 五輪選手村開村 | メイン | 福田改造内閣 »

イチロー選手の日米通算3000安打

29日、アメリカ大リーグマリナーズのイチロー選手が、日米通算3000安打を達成しました。
日本球界にいた時には、パリーグで7年連続の首位打者を獲得し、大リーグに渡ってからは、8年連続の年間200安打を記録しています。イチロー選手の野球選手としての身体能力の高さ、強靭な精神力、努力の積み重ねなどについては今更言うまでもありませんが、何よりも称賛に値するのは、これだけのパフォーマンスを約15年にわたって発揮し続けてきたことでしょう。
スポーツの世界だけでなく、芸術やビジネスなど他の世界でも、優れた才能を発揮している人はたくさんいますが、長い期間にわたって常にトップレベルであり続けることができるのは、ほんの一握りの方に過ぎません。

イチロー選手は、ここ数年、自身の考え方をはっきりとメッセージとして私たちに伝える機会が多くなったように思います。自信に満ちたその発言の裏には、これまでのたゆまぬ努力と、常に結果を出し続けてきたという自負があるのでしょう。日本でも自信過剰な著名人の的外れな発言にはよく出会いますが、イチロー選手のように努力と実績に裏付けられた自信から、説得力のある発言をする方はそれほど多くありません。むしろそういう方ほど寡黙になるという観さえあります。

イチロー選手ももう34歳、これから先、体力の限界と戦いながら、どのような新たな境地を見せてくれるのでしょうか。4000安打はもちろんのこと、守備も含めて私たちを常に楽しませてくれる、真のスタープレイヤーであり続けることを願っています。