« 福田改造内閣 | メイン | 北京オリンピック日本選手団の活躍 »

北島康介選手の金メダル

11日、北京オリンピック男子百メートル平泳ぎで、北島康介選手が世界新記録で2連覇を達成しました。正午前の決勝でしたので、私は生で見ることはできませんでしたが、午後からのニュースで繰り返し流される映像に感動しました。特に、競技後のインタビューで、あのいつも強気で自信に充ち溢れているように見えた北島選手が、懸命に涙をこらえながらも流れる涙を止められず感涙にむせぶ姿を見て、彼の感じていたプレッシャーの大きさはいかばかりであっただろうと、感動を新たにしました。北島選手は、200メートル平泳ぎも残っていますので、もう一度全力を振り絞って頑張って頂きたいと思っています。

オリンピックの楽しみの一つは、普段は決して目にすることのできないような競技、例えば射撃やフェンシングなどを見ることです。最初はルールも完全には理解できていないわけですが、解説を聞きながら新しいスポーツを知り、楽しむことができるのは、オリンピックの隠れた効用と言えるでしょう。まだまだ前半戦ですので、これからの競技での日本選手の活躍を祈るとともに、多くの国々の個性豊かな選手たちの活躍ぶりをこの目にしっかりと焼き付けたいと思います。