« 所信表明と代表質問 | メイン | 補正予算成立と世界経済 »

補正予算衆議院通過

昨日の衆議院本会議で、補正予算案が衆議院を通過しました。
民主党もこの補正予算には賛成をしており、参議院でも来週中には可決される見通しです。
私としては、政府提出の補正予算案が100点満点だとは思っておりませんので、賛否について様々なご意見があることは承知をしています。
しかしながら、昨年の米国のサブプライムローン問題に端を発した世界的な経済混乱、とりわけここ数日の株式市場の大暴落を目の前にした時、不十分であるとしても、まずはこの補正予算を成立させることが日本経済のために必要であるという判断をしたわけです。
皆さまのご理解を賜りたいと思います。

経済では暗いニュースが続いていましたが、一方で明るいニュースもありました。
ノーベル物理学賞に南部さん、小林さん、益川さんが、そしてノーベル化学賞に下村さんが選ばれ、今年だけで4人のノーベル賞受賞者が誕生するという快挙です。
このところ、自信を失いがちになる出来事が多かったわけですが、日本人全体に勇気を与えてくれるうれしいニュースでした。
あらためて、人に投資をすること、人類の夢とロマン追う優秀な人材を国家として支えることの大切さを感じた次第です。