« 通常国会開幕 | メイン | 新春の集い »

二次補正与党強行採決

昨日の衆議院本会議で、2兆円の定額給付金などを含めた第二次補正予算案が与党により強行採決されました。
民主党は、定額給付金部分を削除した修正案を提出し、国会での徹底審議を要求してきたわけですが、実質的には1週間も審議されずに与党による採決が強行されたわけです。

景気対策が喫緊の課題であることは言をまちませんが、昨年の臨時国会には政府は第二次補正予算を提出せず、時間を空費したにもかかわらず、年明けに提出して十分な議論も経ずにすぐに可決するというのは、国会軽視も甚だしいと言わざるを得ません。
また国民の多くが定額給付金の有効性を疑問視する中で、民主党が提案した定額給付金部分の切り離しについて一顧だにしない姿勢は、国民の意見に耳を傾けず、選挙対策に狂奔する与党の焦りを象徴するものでした。
自民党からは、かねて離党が報道されている渡辺喜美議員に加え、松浪健太内閣府政務官が採決時に退席し、政府・与党内にも麻生内閣の政策の矛盾に対して、押さえきれない疑念が湧きあがりつつあることを伺わせました。

今後、議論の舞台は参議院に移ります。衆議院での採決が異常な状態で行われただけに、速やかに審議入りできるかは予断を許しませんが、十分な審議時間を確保して、与党案、野党案のいずれが優れているか、国民の皆さんの前で徹底した議論を行わなければなりません。