« 東南アジア歴訪を終えて | メイン | WBC日本連覇 »

卒業を迎えた皆さんへのメッセージ

3月も半ばを過ぎ、卒業式のシーズンとなりました。
いくつもの学校からお招きを頂いているのですが、この時期は予算審議とも重なり、出席できないことが多いことを大変申し訳なく思います。

卒業式は、それまで自分が学び、努力してきたことを思い起こし、またその過程でお世話になった師や友に対して改めて感謝するという意味で、大変意義深い儀式だと思います。何年かに一度の人生の節目で、自分が一人でこの世に存在しているのではなく、誰かに支えられ、また誰かを支えているのだということを認識することは、決して平たんではないであろうこれからの人生を生きていく上でも、大きな力を与えてくれるものではないでしょうか。

卒業証書は、学校から与えられるものではありますが、真に重要なことは、卒業に際して自らを省み、それまでの自分自身を認め、讃えることができるか、ということではないかと思います。過去の自分を素直に認めることができなければ、今日この時から一層の精進あるのみです。
卒業式は、師や友との別れを惜しむ儀式ではありますが、若い皆さんにとっては、新しいスタートの節目でもあります。
わが国の経済・社会を取り巻く環境は、誠に厳しいものがありますが、この苦難を切り拓いて新しい日本を創っていくのは、若い力だと信じています。

私もまた、皆さんとともに、この国の改革に全身全霊を捧げる覚悟です。