« 衆議院解散へ | メイン | 麻生総理発言 »

いよいよ審判の時

本日午後の衆議院本会議で衆議院が解散され、8月18日公示、8月30日投票の日程で衆議院選挙が実施されることとなりました。

ここ一週間ほどの自民党内の混乱ぶりをみると、彼らが政権を担当してきたこの4年間、我が国には政治のリーダーシップというものが不在であり、官僚の思うがままにいい加減な政治が行われていたのだということを、改めて思い知らされた気がします。

今こそ政権交代によって、官僚主導で私たちの税金を食い物にする政治に終止符を打ち、政治主導で私たちの生活のために税金を使っていく政治を実現しなければなりません。
私たち民主党は、国民の生活をよりよくする具体的な政策を持ち、そしてそれを実現する意思と能力を持った議員が集まっています。
国民の皆さんには、近日中に発表される民主党のマニフェストを、是非じっくりと読んで頂き、政権交代で日本がどう変わるのかについて、私たちと一緒に考えて頂きたいと思ってます。