« いよいよ審判の時 | メイン | マニフェスト »

麻生総理発言

このところ、麻生総理が「高齢者は働くことしか才能がない」という発言をし、一方で自民党の細田幹事長は、総理の失言や発言のブレを取り上げる報道について「国民の程度かもしれない」と指摘し、両者とも大きな批判を浴びています。
政権与党の最高幹部の発言として、全く不穏当であることは言うまでもありませんが、いずれも自民党政権が高齢者や生活者の立場を全くわきまえずに政治を行ってきた、その体質が如実に表れたものだと感じざるを得ません。

解散以来自民党は、民主党に対し、誹謗中傷まがいの政策批判を繰り広げていますが、政権与党はまず、自分たちが4年前の選挙で掲げたマニフェストについて、その実績・評価を明らかにすべきです。
自民党は未だ衆議院選挙に向けたマニフェストの内容さえ明らかにしておらず、堂々と政策論争に臨まずに、民主党批判に精を出しているというのは、誠に残念なことです。

私たち民主党は、政権交代を掲げる以上、国民の皆さんにマニフェストをお示しして、堂々と政策論争を挑みます。
選挙に勝利することはもちろん重要ですが、国民の皆さんに、政策を理解してもらい、その上で支持をして頂かなければ、私たちが目指す日本の大改革は成し遂げられないと思うからです。
国民の皆さんにも、是非ご自身の目で、様々な政党のマニフェストの内容を確かめて頂き、どの政党が政権を担当するに相応しいのか、ご判断頂きたいと思っています。