« 事業仕分け | メイン | 円高 »

ボージョレ・ヌーボー解禁

19日午前0時、今年のボージョレ・ヌーボーの販売が解禁されました。
今年の謳い文句としては、「50年に一度の出来栄え」ということですが、毎年似たような賛辞を付けて販売するのが常ですので、味の評価は実際に飲んでみてということだと思います。
例年2000円台が中心のボージョレ・ヌーボーですが、流通大手で今年は700円台のものが売られるなど、価格競争も激しくなっているようです。一消費者としてはうれしい限りですが、行き過ぎた価格競争は企業体力を疲弊させ、中期的には企業の成長を削ぐ懸念もあるだけに、経済政策を考える上では頭の痛いところでもあります。

私はどちらかというと和食党で、普段はワインよりは焼酎などを頂く方が多いのですが、一年の締めくくりのこの季節、一度はボージョレ・ヌーボーを口にしたくなります。
このところなかなかお酒を楽しむ時間は取れないのですが、久しぶりにワインを片手にゆっくりと物思いにふける時間を過ごしてみたいと思っています。