« ボージョレ・ヌーボー解禁 | メイン | 流行語大賞 »

円高

ここ数日、外為市場で急激な円高が進んでいます。ただ、現時点での相場の動きの実態は、(日本に起因する)円高というより、主に米国の経済情勢に要因がある「ドル安」という側面が大きいようです。急激な為替相場の変動に対しては、一国で対応することはほとんど効果がありません。国際的なマクロ経済政策に関する協調体制を確認することが極めて重要だと思います。

さて、円高というと日本では判を押したように「経済に悪影響」という報道がなされますが、一般論として言えば、輸出の多い製造業にとってはデメリットが多いものの、多くの消費者にとっては円高はメリットも多いと考えるのが妥当でしょう。ミクロで見れば、円建てで見た原材料、商品等の輸入価格が下がることによって売値を下げる余地が出てくるでしょうし、視野を広げて考えると、自国通貨が強くなるということ自体が持つ政治・経済的メリットは決して少なくないと言えるでしょう。私は、個人が莫大な円建ての金融資産を持つ成熟した経済大国である日本が、自国通貨の相対的価値の上昇に関して、悲観的になりすぎる必要はないと考えています。

もちろん、急激な円高が国内の製造業、とりわけ中小事業者に与える影響については注視が必要ですし、場合によっては、何らかの政策的な対応を取ることが求められるでしょう。いずれにせよ、将来を予見できなくさせるような急激な為替相場の変動は経済にはマイナスですから、各国の通貨・金融当局が改めて協調と信頼の体制を築くよう期待しています。