« 緊急経済対策 | メイン | 予算編成 »

ふたご座流星群

今朝の東京はこの冬一番の冷え込みとなったようです。
最近は、建物内での会合、打ち合わせ等が多いので、移り行く季節を肌に感じる機会がとても少なくなっています。
早朝に宿舎を出て、小さく息を吸い込むその瞬間に、本格的な冬の訪れを感じることが出来ると、何故だかほっとします。

今週14日の夜には、ふたご座流星群がピークを迎えていたようです。
さすがに都心の夜空を見上げても、賑やかな都会の光が邪魔をして星を見ることはできないのですが、同じ星空の下でたくさんの人たちが流れ星に願いを込めているのかと思うと、久しぶりに一人ロマンティックな気分になってしまいました。

政権交代から3カ月、なかなか地元に帰ることも叶わず、家族と過ごす時間もめっきり少なくなりました。
ただ、今は日本の未来にとって正念場であり、自分の持てる力と時間の全てを改革のために投じたいと思っています。
今年も残りわずかですが、一日一日を大切に、悔いを残さぬよう全力で臨んで参ります。