« ブラジル訪問 | メイン | 朝青龍関の引退 »

トヨタ自動車のリコール問題

今や日本のみならず世界を代表する自動車メーカーとなったトヨタが、アクセルペダルの不具合を巡り、北米を中心に大規模なリコール(回収・無償修理)問題に直面しています。
私たちのトヨタに対する伝統的なイメージは、あくなき「カイゼン」、徹底した品質管理、ほとんど借金をしない堅実な経営などといったものでしたから、今回のリコール問題は大変ショックなものでした。
原因については、様々に報道・分析されているところですが、トヨタが急速なグローバル化を進め、世界市場でナンバー1のブランドに成長していく中で、私たちが良くも悪くも「トヨタ的」と感じてきた企業文化が変容してきたこともその一因であると言えそうです。
ピンチにあるとは言え、トヨタには未だ「ヒト・モノ・カネ」どれを取っても素晴らしい経営資源が社内にあります。この機に、再びトヨタらしいモノづくりの原点に立ち返って、日本を代表する企業として再生して頂きたいと願っています。

ひるがえって見ると、私たち民主党もまた、政権交代という一つの目標を果たした一方で、現在は国民の皆さんから多くのご批判を頂いているところです。国民の皆さんが何を私たちに期待して一票を投じられたのか、いま一度かみしめつつ、今は国土交通大臣政務官としての責務を全力で果たして参ります。