« 朝青龍関の引退 | メイン | 審議拒否 »

バンクーバーオリンピック

カナダのバンクーバーで冬季五輪が始まりました。
オリンピックという世界のスポーツの祭典は、いつも新たな感動を私たちに与えてくれます。
4年ごとのオリンピックの記憶が、ちょうど自分の成長のいくつかのステージと重なって、一層思い出深いものになっているような気がします。

さて今回は政権交代を果たした後、初めて迎えるオリンピックであり、どんな感動が自分の記憶に刻まれるのか、楽しみにしています。
競技を見ている時は、やはり日本選手がメダルを獲得することを期待する気持ちは抑えきれませんが、結果の如何に関わらず、戦いの後、共に全力を尽くしたライバルたちと健闘を讃えあう選手たちの姿は、誠に清々しいものがあります。
多くの選手が、これまでの努力の結晶を、オリンピックで100%発揮し、悔いのない戦いをされることを祈りたいと思います。

私たち国会議員も数年に一度、選挙の洗礼を受け、ライバル候補と選挙戦を戦うわけですが、なかなかオリンピックのようにさわやかに終わらないのは残念なことです。
夏には参議院選挙も控えています。
「国を想う気持ちを政策として具体化し、国民の皆さんにわかりやすく説明する」という政治家としての基本にいま一度立ち返り、日々努力を積み重ねることの大切さを噛みしめているところです。