« 全国知事会議 | メイン | 国土交通政務官に再任 »

新総理誕生

本日の民主党両院議員総会及び衆参両院の本会議において、菅直人議員が新しい民主党代表、そして内閣総理大臣に選出されました。
鳩山前総理が2日に突然辞意を表明したことも含め、国土交通大臣政務官という政府の一員として働いてきた私としては、ここ数日間は忸怩(じくじ)たる思いで過ごして来ました。
政権交代から8カ月、国民の皆さんの大きな期待を裏切ってしまったことについて、まずはお詫びをしなければなりません。

しかしながら、現在の日本の置かれた状況を思う時、ただうつむいて反省してばかりいる余裕もありません。
菅総理のリーダーシップのスタイルは大変力強く、周りをぐいぐいと引っ張っていくタイプだと感じます。
経済的にも混迷が続き、閉塞感が漂う現在の日本において、局面を打開し、大きく転換させることのできる、時代に相応しいリーダーだと思います。

今民主党議員がなすべきことは、与えられた持ち場で力を発揮し、政策を実現し、国民の皆さんに政権交代の成果を実感して頂けるよう全力を尽くすことです。
突然の総理交代については、お詫び申し上げるほかありませんが、是非いま一度チャンスを与えて頂き、引き続きご支援を頂けますよう伏してお願い申し上げる次第です。