« 英語教育 | メイン | 参議院選挙を終えて »

野球賭博

大相撲の野球賭博事件の本格的な捜査が始まりました。
当初、相撲界の身内の中で穏便に事を収めようとしていた相撲協会幹部の思惑は外れ、常軌を逸した野球賭博の実態、暴力団との関係まで取り沙汰されるに至っています。

相撲協会は、過去にもその旧態依然とした体質を指摘され、監督官庁である文部科学省からの指導を受けてきました。
結果として、これまで全く自己改革ができてこなかったことが、今回の大事件で図らずも明らかになりました。
上位力士は外国人ばかり、その陰で日本人力士は賭博に興じていたというようなことでは、相撲ファンは遠ざかるばかりです。

相撲は「国技」であると関係者は言いますが、相撲が多くの世代にこれからも愛され続けるためには、この機にうみを出し切り、協会の閉鎖的な体質を改めて民主化を進め、運営の透明性を高める一層の努力が求められます。
相撲という、日本の歴史・文化に深く根差したスポーツを衰退させないためにも、私たちもここは心を鬼にして、相撲協会に対し厳しい処分・指導をしていくべきだと思います。
相撲界が因習を断ち切って、立派に再生してくれることを心から期待しています。