« 代表選告示 | メイン | 菅代表再選 »

LCC

新聞にも大きく報道されているところですが、昨日全日空を中心とする企業グループが、関西国際空港を拠点に日本初の国内線・国際線LCC事業を展開することを発表しました。
LCCとはLow-Cost Carrierの略称で、日本では格安航空会社と呼ばれています。
私もこの間、国土交通大臣政務官として、陰に陽にこのプロジェクトの実現を応援してきただけに、いよいよその実現に向けて本格的なスタートがきられたことを本当にうれしく思うところです。

これまで飛行機というと高い運賃というイメージがありましたが、今回のLCC事業は、機内サービスをある程度絞り込み、或いは有料化した上で、これまでより相当程度低い運賃での運航を行う方向性で検討されています。
関空発着の空の旅が低運賃で提供されることになれば、これを呼び水として航空ネットワークが拡充し、便数や旅客も含め、関空がこれまで以上に賑わいをみせることが期待できると思います。

来年度下期の運航開始を予定しているということですが、地元泉州として大切なことは、関空を利用する日本各地や海外のお客様を如何にもてなし、またここに訪れたいと思ってきて頂けるようなサービスを提供できるか、ということだと思います。
お客様のニーズに応えることはもちろんのこと、英語や中国語等の語学や異文化理解等を含め、地域の基礎的な力を底上げしていく地道な取り組みも必要となると思います。
私も地方自治体や地域の方々とも力を合わせて、関空を日本の玄関口として更に盛り立てて行くよう全力を尽くして参ります。