« 民主党代表選 | メイン | LCC »

代表選告示

昨日、民主党代表選が告示されました。
先週の長安通信にも書きましたが、菅総理と小沢前幹事長が正式に候補として名乗りを上げ、文字通り一騎打ちという形になりました。

この間、大変不正確な興味本位の報道が多く見られ、今回の代表選が不毛な政争であるかのような印象を国民に与えていることは大変残念ですが、政権を担う政党の代表を選ぶ選挙は国民にとっても大変重要なものであり、私は今回の代表選挙が国民にとって意義ある選択となるよう全力を尽くしたいと思っています。

マスコミの関心は、どの議員がどのグループの会合に出席したのか、といった票読みに集中して、まさに下世話な取材や報道を繰り広げていますが、私はやはり、一国のリーダーを選ぶ大事な選挙である以上、選挙期間を通じて両候補の政見を聞き、また国民の疑問に真摯に答えて行く姿勢をしっかりと見極めた上で自分自身の投票行動を決めるべきだと考えています。
振り返れば、民主党の代表選びはこれまで、前代表の突然の辞任を受けて国会議員のみの投票で選ぶ、言わば緊急避難的な選挙が続いてきましたが、今回は党員・サポーターも投票に参加し、また二週間に及ぶ選挙運動期間が確保された本格的な代表選びです。
自民党政権末期を含め、短命総理が続いてきた中で、今度こそマスコミの批判や支持率の上下に一喜一憂せず、じっくりと腰を据えて日本の改革に取り組むことのできるリーダーを選ばなければなりません。

今、わが国は経済的にも社会的にも危機的な環境にあり、次の総理は、国民が共感できるビジョン・国家像を掲げ、国民を説得しながら国を引っ張っていく力強いリーダーシップが求められると思います。
私自身も一政治家として、そろそろ「私が総理候補なら何を掲げ、どう国民に訴えるか」を意識しながら、代表選に臨みたいと思っているところです。