« ノーベル化学賞 | メイン | 特別会計の事業仕分け »

予算委員会

今週は、衆参両院で予算委員会が開かれています。
総理も出席し、テレビでも放送される委員会ですので、野党の皆さんの質問のトーンもやや芝居がかった、テレビ映えのする内容となっていたように感じました。
私も当選してから二期の間は野党でしたので、野党議員として議員活動をアピールする場は極めて少なく、テレビ入りの予算委員会となると肩に力が入る議員意識はある程度理解できます。
国民の皆さんから見ると物足りない面もあったかもしれませんが、閣僚も冷静に的確な答弁をされていて、安心して見ていることができました。
野党議員の皆さんの質問の中にも、的を射たもの、建設的なものも多々あるわけで、熟議の国会という名に相応しい成果を出せるよう、これからの与野党の折衝の中で、更に議論の質を高めていけるよう検討していかなければならないと思っているところです。

私は今、国対副委員長としての仕事を主にしているわけですが、基本的には裏方の仕事ですので、なかなか国民の皆さんの目に触れることはありません。
予算委員会が開かれている間、来週以降、今国会でどのような優先順位で法案を審議し、或いは補正予算を成立させていくのか、といった調整に奔走していたところです。
良くも悪くも、現実としての国会での与野党折衝の大半は日程闘争であり、限られた日数、時間の中で、何とか折り合いをつけて法案・予算の審議を促進していくことが国対の重要な役割になります。
どんなに格好の良い事を言っても、法律や予算が国会を通らなければ、国民生活をより良い方向に変えていくこともかなわないわけですので、今は責任感をもってこの仕事を全うしたいと考えています。