« 師走 | メイン | ブログ再開しました!! »

いよいよ決戦の時

11月16日の解散から瞬く間に2週間余りが過ぎ、いよいよ明日総選挙公示の日を迎えます。
3年余り前、暑い夏のさなかに政権交代の選挙を戦ったことを昨日のことのように思い起こします。

前回選挙のマニフェスト中で、残念ながら果たすことのできなかった約束もあります。
この間の政権運営に至らない点もあったことを認め、真摯に反省し、新たな一歩を踏み出さなければならないと考えています。

一方で、政権交代によって大きな成果を実現した分野も少なからずあります。
例えば、子供手当は満額を確保することはできませんでしたが、政権交代前よりも充実した新児童手当を実現することができました。
また、高校無償化については完全に実現することができ、経済的理由によって高校を中退する方は半減、また高校に再入学する方は大幅に増加しました。
資源に恵まれないわが国の競争力の源泉である「人」への投資は、確実に前進したと言えます。

その他数多くの課題と成果については、選挙戦を通じて、皆さまにしっかりとご説明して参りたいと思っています。
政治家として、政権与党として、この3年間の政権運営の結果から逃げることはできません。
皆さんに成果と課題について、まっすぐに誠実にご説明し、再び私に活躍の場を与えて頂けるよう全力を尽くして参りたいと思っています。

皆さまに私の思いが届くことを願いつつ、公示前最後のホームページ更新とさせて頂きます。


※公職選挙法の規定により、公示後はホームページの更新ができません。選挙後に更新を再開致します。